日産追浜期間工ブログ

日産追浜工場の期間工になって5ヶ月の感想は”ようやく安定的に仕事が出来るようになったな”

日産追浜期間工5ヶ月目

こんにちはタケです。

 

追浜の期間工になって5ヶ月。

自分的には入社したばかりなんですけどね。

月日の経過は早いものです。

 

今回は入社して5ヶ月の感想をまとめていきたいと思います。

日産追浜工場の5ヶ月目の感想は”ようやく安定的に仕事が出来るようになったな”

ツイートの通りなんですが、ようやく安定的に仕事が出来るようになったなと。

安定的に仕事が出来るってのは、

  • 作業遅れを極力出さない
  • 不具合を極力出さない

この2点が出来るかどうかってとこですね。

 

5ヶ月やってみてようやく出来るようになったと感じています。

もちろん、指導員とか工長クラスが見たらまだまだなんでしょうけどねw

 

正直、ぼくは仕事出来る方では無いので仕事を覚えるにせよ、コツを掴むにせよ時間が掛かります。

これは自分の能力の問題なので仕方がないかなとおもっています。

 

あ、もちろん仕事はやる気ありますし、覚える気もありましたよ。

でも人よりも成長スピードが遅いんですよね。

 

後輩の期間工を見ていると、すんなり新しい作業を覚えれているように見えるのですね。

一回教えられたら次には出来てしまう。

ある程度数こなしたらスピードも上げれる。

 

自分がいかに時間掛かっていたのかよく分かりますねw

 

しかも自分がいる工程は習熟に最低でも1ヶ月掛かるような工程。

覚えるのに時間が掛かる工程です。

 

ただでさえ時間が掛かる工程を、覚えるのが遅い人間が対応したら、時間がめっちゃ掛かるわけです。

 

時間は掛かりましたが、とりあえずは安定的に仕事をこなせるようにはなったのでかなり作業をしやすくなりましたね。

ミスを減らせた理由はライン外の作業

ラインが動かない・動いていない時は生産以外の作業をします。

 

これがまた面倒くさい。

ぶっちゃけ、普通にライン稼働してくれた方が楽でした。

 

工具のメンテナンス1つ取っても、また新しい事を覚えないといけないので大変です。

社員さんに教わりながら1つずつこなしていきます。

 

1つ1つの作業はそんなに難しくないんですが、普段やらないような作業を何個もやっていると一度に覚えられないんですね。

あと、途中でミスったり工具を逆に壊してしまったりもあって精神的にもしんどかったです。

ミスったからって怒られたりとかはよっぽど無いですが、ミスばかりしていると自己嫌悪に陥ったりもします。

 

ミスりながらも工具をいじりまくると、その工具の仕組が分かってきます。

工具の仕組みが分かってくると、自分で微調整出来たりします。

 

ライン外の仕事ではありますし、新しいことだらけで苦労はしましたが、決して無駄ではなかったんですね。

ここでの経験が生きました。

 

ライン作業していてやりにくさを感じた場合は自分で工具を調整出来るようになりました。

それにより格段に作業しやすくなります。

結果的にミスも減るし、作業も早くなる。

決して無駄な事は無かったんだなと今になって思います。

ライン作業でミスやラインストップをすると指導員がやってくる…そして

で、ライン作業に話を戻します。

 

ミスったり、ラインを止めると指導員がやってきます。

こっ酷く怒られたりってのはよっぽど無いですが、やはり注意なりアドバイスなり忠告なり小言なりを言われます。

何を言われるかはどの指導員なのか、機嫌はどうなのか、ミスった内容が何なのかによるので一概には言えないですが、何かしら言われます。

 

怒られる訳ではなくても、他人からなにか言われるのってやっぱりストレス溜まるんですよね。

 

期間工の仕事は目の前の作業さえやっていればお金を稼げる点。

指導員に色々言われ続けるのは色々消耗します。

 

ミスやラインストップが減ってくればうるさく言われる事も減るので、圧倒的に仕事しやすくなりますね。

この段階まで来ると良い意味で人と話さなくなります。

でも、職場の期間工や派遣工とは話すようになったかも

基本的に僕は人と関わりが薄いというか、挨拶と仕事に必要な会話ぐらいしかしません。

雑談は話しかけられない限りしないですね。

 

休憩時間もトイレ行ったり、スマホいじったりで同僚と話したりとかってにはほとんど無かったです。

出勤・退勤も大体1人ですね。

休日も同僚と遊びに行くってのも無いです。

 

普段はこんな感じでしたが、最近は同僚の方と話す時間が以前よりも長くなった気がします。

ツイートの通りなんですが、期間工になる人は経歴が人それぞれ。

めっちゃ高学歴の人もいますし、普段関われないような仕事をしていた人もいます。

 

色々話してみると面白い人がいっぱいいたのは事実ですね。

全国津々浦々から多種多様な人が集まってくる。

そういった人と一緒に働けるのも期間工の醍醐味かもしれません。

仕事にも職場にも慣れて、なんだかんだ良い職場なんかなと

教育期間中はボロカスに怒られていて、やっていけるのかなと思っていた時期もありました。

思いだすと懐かしいぐらいですね。

 

今はなんだかんだ楽しく…とは言い過ぎかもしれませんが、それなりに良い環境で仕事させてもらっています。

職場についてはどちらかと言うと当たりかもしれません(細かい所では色々ありますが…) 

 

まぁ仕事が嫌で投げ出した所で期間工の募集はまだまだ少ない訳なので、下手に辞めなくて良かったかなと思っています。

コロナも第三波が来ているみたいですし。

 

今回は5ヶ月目の感想についてまとめました。

日産追浜工場の期間工について個別に聞きたい事がある方は、気軽にツイッターなりお問い合わせまで。

無職の借金300万の30代でも期間工で人生を逆転出来るってマジ?

「無職、借金300万、30代とかって人生詰んでるだろ?」

って思うかもしれません。

この単語だけ聞いたらそう思いますね。

 

僕はまさにこの状況に陥っていました。

でも、このような状況からでも期間工で人生は逆転出来るのです。

 

僕はサラリーマンを辞めてから実家で毎日ソシャゲ三昧の廃人生活をしていました。

収入もないのに毎日課金して、ガチャを回しまくっていました。

 

その時に作った借金は300万以上。

33歳で無職実家暮らしの借金300万のクズです。

 

でも期間工でその借金を返済することを開始。

僕が借金300万を作って返済に至るまでのストーリーは以下から見れます。

借金300万から期間工になって復活したタケのプロフィール




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。