Sponsored Link




日産追浜期間工入社から独り立ち

【日産追浜の期間工4日目】眠いよ…ずーっと座学&動画鑑賞

日産追浜期間工4日目

こんにちはタケ(takekikan01)です。

日産追浜期間工4日目です。

 

通勤から職場までの流れは慣れてきましたね。

自分が行動する範囲内での工場マップは少しだけ理解が進みました。

 

という訳で、4日目も頑張っていきましょう。

タケ
タケ
今日は眠気との闘いでした。

3日目の様子はこちら。

日産追浜期間工3日目
【日産追浜工場の期間工3日目】運命の配属先発表の日日産追浜期間工の3日目です。この日は配属先が決定する重要な日。期間工生活が決まる、大事な日といっても過言では無いでしょう。こちらの記事では3日目の流れや内容について詳しく解説しています。日産追浜期間工を検討している方は必見です。...

日産追浜工場の期間工求人 

日産追浜期間工の4日目の流れ

  • 座学
  • 動画鑑賞

配属先での研修の続きでした。

作業というよりかは職場で働く上で必要な知識や、怪我や災害を防ぐための安全に関する事でした。

日産追浜工場の期間工求人

ひたすら座学

座学

朝から椅子に座ってひたすら座学を受けます。

もちろん、仕事をしていく上で必要な内容です。

 

が、

タケ
タケ
眠い!

学校の授業と同じです。

ひたすら指導員の話を聞きます。

 

しかも内容が難しく、興味が持てない内容。

 

眠くなりますよね

 

ちなみに、長時間の座学で眠くなる人が出ることは指導員も分かっていました。

指導員
指導員
ここに眠くなったら自己申告で顔を洗いに行っても良い。

予めこのように言われましたね。

過去に何人も寝ていたようで。

 

タケは眠くなりながらも午前中は耐えます。

タケ
タケ
なんとか耐えれました。

日産追浜工場の期間工求人

動画鑑賞【眠気が続く】

眠い

座学の他には動画鑑賞。

こちらも仕事をしていく上での注意点について学んでいきます。

 

が、

 

この動画鑑賞も眠くなります

食後は尚更

 

頑張って起きていましたが、時々頭が予期せぬ動きをしていた気がします。

タケ
タケ
頭がグラグラしていたと思います。

頭がグラグラして。

ハッとして意識を戻すのですが、5分もしたらまた意識が遠のいて。

の繰り返し。

 

タケ
タケ
ぶっちゃけ寝ていたと思います。

研修中とはいえ、慣れない環境で疲れています。

特に食後に動画を見ていれば眠くもなります。

言い訳かもしれませんが…。

 

幸いなのか、動画再生中は指導員は席を外していたっぽいので怒られる事はなかったのですが、研修中に寝るのはまずいですね。

他の期間工ブログを読む(人気ブログランキング)

日産追浜期間工4日目は座学と動画鑑賞がメインでした

4日目眠い
  • ひたすら座学
  • 動画鑑賞

4日目はこれで終了。

 

工程がどこになるか気がかりですが、自分にとって良い工程になって欲しい。

タケ
タケ
それにしても、途中の眠気には参った。

眠かったけど、4日目もなんとか終了。

タケ
タケ
お疲れ様でした!

明日はいよいよ自分の工程が決まります。

期間工生活の大部分は工程で決まる気がします。

良い職場に辿り着けるでしょうか…。

5日目に続く。

日産追浜5日目
【日産追浜の期間工5日目】いよいよ配属先(工程)の決定日産追浜期間工の5日目の内容です。この日は配属された課の中でどこの工程になるのか発表される日です。実際の作業内容がほぼ決まるので、運命の瞬間でもあります。また、工程を決めるに当たってのテストやタイムトライアルも行われます。...

日産追浜工場の期間工求人 

無職の借金300万の30代でも期間工で人生を逆転出来るってマジ?

「無職、借金300万、30代とかって人生詰んでるだろ?」

って思うかもしれません。

この単語だけ聞いたらそう思いますね。

 

僕はまさにこの状況に陥っていました。

でも、このような状況からでも期間工で人生は逆転出来るのです。

 

僕はサラリーマンを辞めてから実家で毎日ソシャゲ三昧の廃人生活をしていました。

収入もないのに毎日課金して、ガチャを回しまくっていました。

 

その時に作った借金は300万以上。

33歳で無職実家暮らしの借金300万のクズです。

 

でも期間工でその借金を返済することを開始。

僕が借金300万を作って返済に至るまでのストーリーは以下から見れます。

借金300万から期間工になって復活したタケのプロフィール


期間工ランキング

Sponsored Link




COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。